よだっと の レストラン徘徊 PLUS

食べログ『 よだっと の レストラン徘徊 』を補完するサイトとして充実した運用を目指す事に致しました。 あくまでも日頃お世話になっているお店の応援とか、サテライト・サイトとして SEO を楽しもう! ってのが趣旨で、メインは 食べログブログ のつもりなのですが、併せて ごひいきのほど、よろしくお願い申し上げます。 なお、コメント等ございましたら 食べログ よりお願い致します。
仮称 " My wandering restaurants by Yodat " 又は " Yodat's wandering restaurants PLUS " というサイトの立ち上げを考えております。 内容は日本文に準ずる予定ですが未定です。 英文( 意訳 + )で参加して頂ける方を募集しております。

カテゴリ:レストラン徘徊 > 感動の食卓

 成増 とんかつ コロナにとんかつ! ガスト 豚ロースのとんかつ  成増 とんかつ コロナにとんかつ! ガスト 豚ロースのとんかつ和膳  成増 とんかつ コロナにとんかつ! ガスト  ガストは美味しい!  成増 カツ丼 コロナにカツ丼! やまだや  成増 串カツ コロナに串カツ! 花水木  ウニタ unita うに太 うに太のカレー ( テイクアウト )  成増 とんかつ コロナにとんかつ! ガスト

取り調べ室の風景、その1

「 おい、もういい加減しゃべっちまったらどうだ、楽になれよ。 カツ丼 でも喰うか? 」

「 だんな、すいやせん、あっしがやりやした。 やま食かつ丼 、懐かしいなぁ。 」

   やま食 = やまだ食堂 = 成増・やまだや  成増、昼飲みの聖地カツ丼 が絶品!


取り調べ室の風景、その2

「 おい、もういい加減しゃべっちまったらどうだ、楽になれよ。 とんかつ でも喰うか? 」

「 だんな、すいやせん、あっしがやりやした。 ガストとんかつ 、懐かしいなぁ。 」

「 おめぇ、けっこう 美味ぇもん喰ってんじゃねぇか、え?  ただ、今、デリバリーに訊いてみたんだがよ、ガストじゃ とんかつ は終わっちまったんだと。 ひれかつ ならやってるってんだが、おめぇ、どうするぃ 」

ガーン!  Orz

「 おでぁかんさま! とんかつは ヒレ じゃにゃーれがす。ロース っすっ! 」


こんな理不尽な災難、あっていいのでしょうか。

この困難は誰のせいか。 阿倍野生花。

イメージ膨らましてたコソ泥さんが可哀そうってもんです。 この司法取引は成立しません。コソ泥さんの一方的な損です。 そのくらい ガストとんかつ は評価に値する逸品でした。 大きくて厚くてジューシーなお肉、サクサクの衣。 タレ だけ、いかにもガスト風味で不満でしたが、ご飯も味噌汁も美味しく、とくに優秀な厨房スタッフさんが作る ガスト成増店 は格別でした。 いつも 納豆 を追加して頂いてました。

これ、実質的な値上げ、とくに すかいらーくグループ の常とう手段なのです。 豚カツ ⇒ ヒレカツ だったら、普通、値段が上がっても仕方ないと思うでしょ。 でも、お肉の量も ぜぇ~んぜん 減ってるんですからね。 ふんとに腹の立つ!

ヒレカツがあってもいい。 とんかつ復活 させろ!



※ 各ページに画像は徐々に増やしているのですが、このままではページが増えていきません。 かつて頂いた思い出の料理たち、メインで採り上げてこなかったもの、メニューから消えてしまった料理などを中心に、ゆっくりご紹介していこうと思ってます。 ≫ 感動の食卓 INDEX

続きを読む

 成増 グリーンカレー 成増 イタリアン unita ウニタ うに太 グリーン・カレー ( テイクアウト )  成増 カレー うに太のカレー 成増 イタリアン unita ウニタ うに太 うに太のカレー ( テイクアウト )  成増 グリーンカレー 成増 イタリアン unita ウニタ うに太 グリーン・カレー ( テイクアウト )  成増 カレー うに太のカレー 成増 イタリアン unita ウニタ うに太 うに太のカレー ( テイクアウト )

2020/06/27 の テイクアウト、目からウロコの グリーン・カレー でした。 グリーン・カレー なので ウコン を使わ( = 黄色く着色し )ない & 鷹の爪の代わりに青唐辛子ってのは納得なのですが、いわゆるカレーの香り、クミンコリアンダー も、たぶん使ってないのでは? って感じなのです。 なのにカレーなんだな、これが。 しかも美味しいし。 ^^  料理は違いますが、以前、練馬の 小法師 で頂いた 青唐うま塩ラーメン と同じコンセプトのような気がしました。 鶏のひき肉をサラダ油で強く炒めたものに固形スープの元と塩で味を調え、青唐でアクセントをつけた? そんな感じ。 素人の発想なので、あまり信用して頂きたくないのですが … でも、大きく外してはいないよね、そう思ってます。


※ ヘタレ老人ではありますが、普通の日本人なので マカロニ・サラダ とか カレー、大好き人間です。 昭和レトロな喫茶店の ナポリタン も大好きです。 でも、カレーのスパイスに詳しいつもりは全くありません。 たまたま、小生意気な息子がカレーに凝っており、各種スパイスを取り揃えたりしているものですから、耳学問で多少の知識があるだけです。 っても、知っている単語はウコンと鷹の爪、区民、コリアンダー、ガラムマサラくらいで、物忘れがひどくなった昨今、それすら咄嗟に出てくるわけではありません。 さらには、息子が蘊蓄( うんちく )を駆使して作るカレーより、ウチの奥さんの ( 豚 ) キーマ・バーモントカレー( 中辛 )や、たまぁ~に私が作る 牛すじ・ジャワカレー( 辛口 )+ 醤油数滴 のほうが、遥かに美味しいと思ってるようなわけで …  ^^;


翌週の 07/04 、改めて確認してみたくなり、再度 グリーン・カレー をテイクアウト 。 この日のサプライズは 具沢山! よく炒めてあるお肉が、まるで 鶏そぼろ ? ってくらいの量になってて大感激! 大好きなお茄子も入って、さらに大感激!2  ただし、青唐風味の鶏そぼろをご飯にかけて食べるって感じになっちゃって、好みの分かれるところかもしれません。 先週の方がカレーっぽくて好き! って方もいらっしゃるかと思います。 まぁ、私だったらこちらの 具ダク を選びたいところですが。

で、気になってた料理のコンセプトですが、先週と変わってはいませんでした。 これは確かにカレーだし、大変美味しいって事も、改めて申し添えておきたいです。


感動の食卓 コーナーでは、基本的に、現役でメインとなる料理を採り上げさせて頂くのは控えております。 下記のとおり 『 かつて頂いた思い出の料理たち 』 『 メインで採り上げてこなかったもの 』 が中心です。 では、どうして2週間前に頂いたばかりのものを採り上げさせて頂いたかと申しますと …

「 グリーン・カレー、今日でお仕舞いなんです 」

フロアー・スタッフの … 麗しい … お嬢さん に宣告されてしまいました。 こういう時の美女って、例え微笑んでても 鏡の女王( = 林檎の魔女 )とか マレフィセント な感じ。

ガーン!  Orz

これ、グリーン・カレーだけなのか、カレー全部が終了なのかは不明です。 気になる方は、直接お問い合わせ願います。 ただ、このお店はカレー屋さんではなく、諸事情もおありでしょうし、仕方ないかなって思ってます。テイク・アウトは引き続き継続されるようです。

んー … いつか、イタリアン・シェフの作った幻のグリーン・カレーが都市伝説として語り継がれる日も、そんなに遠い事ではないような気がします。 私はラッキー! だったかも。


※ 各ページに画像は徐々に増やしているのですが、このままではページが増えていきません。 かつて頂いた思い出の料理たち、メインで採り上げてこなかったもの、メニューから消えてしまった料理などを中心に、ゆっくりご紹介していこうと思ってます。 ≫ 感動の食卓 INDEX

続きを読む

 成増・道頓堀 牛すじ煮  成増・道頓堀 熱燗

成増を代表するラーメン店『 道頓堀 』の メニュー の中に、かつて 牛すじ煮 ってのがありました。 澄んだスープ、柔らかく煮えてるのに型崩れしてない すじ肉 、逆に、味は染みてるけど煮込み過ぎてない蒟蒻、新鮮なネギの香りという絶妙なコンビネーション。七味を振る と、さらに香りが立ちます。 私はこれが大好きで、入店すればいつも 熱燗 と共に真っ先に頂いてました。 あ、熱燗を頂くなら 道頓堀の熱燗 が最高! だと、今も公言してます。

牛すじ煮 ばかり褒めるので、「 ウチ、ラーメン屋なんですけど 」って、ご主人にいつも言われてました。 もちろん他のサイド・メニューだって美味しいんですよ。 ただ、例えば 餃子 とか、とくに 水餃子 なんか大好きなんですが、食が細く、頂いちゃうとラーメンが食べられなくなっちゃうのです。 あと、おつまみセット とか おつまみチャーシュー なんてのもあるのですが、全てラーメンの中に入ってる具材で、個人的にあんまし興味わきません。 具材はスープの中に、ほどほどの量で浸ってるから美味しいし、チャーシューだって1~2切れあれば充分。 道頓堀のチャーシュー、大きく厚く歯応えもあり、とっても美味しいですけれど、自身の胃袋と相談し、私としては、より麺が気になってしまう派です。

せっかく道頓堀に来たんだもの、やっぱラーメンをメインで頂きたい。

  牛すじ煮 + 熱燗 > ラーメン + 熱燗 > その他?  ^^;

道頓堀のラーメンは 全種 頂いております。 また、Vちゃん によりますと、このお店は つけ麺 が有名なのだそうです。 でも私の場合、最近は 味たま をトッピングした 中華そば( 小辛 )に収束してしまい、今はそればっか食べてます。 あと、夏でも 熱燗 。 ^^;

ちっとも飽きてこないけど、何んかこう、もうひと皿欲しいよねー。

牛すじ煮 、メニューから消えて久しいなぁ。 復活しないかなぁ。


※ 各ページに画像は徐々に増やしているのですが、このままではページが増えていきません。 かつて頂いた思い出の料理たち、メインで採り上げてこなかったもの、メニューから消えてしまった料理などを中心に、ゆっくりご紹介していこうと思ってます。 ≫ 感動の食卓 INDEX

 成増 ランチ だいこん 麦とろ ( 麦とろ定食 )  成増 ランチ だいこん 麦とろ定食

 成増 ランチ だいこん 麦とろ ( 麦とろ定食 )  成増 ランチ だいこん 麦とろ ( 麦とろ定食 )  成増 ランチ だいこん だいこんサラダ ( 麦とろ定食 )  成増 ランチ だいこん ほうれん草のお浸し ( 麦とろ定食 )

 成増 ランチ だいこん 小鉢二種 ( 麦とろ定食 )  成増 ランチ だいこん ご飯 ( 麦とろ定食 )  成増 ランチ だいこん 味噌汁 ( 麦とろ定食 )  成増 ランチ だいこん 外観 ( お品書き )

だいこん 』の入っているビルの解体が決まったようだと Vちゃん からメールが入ったのは、確認してみると 2020/01/15 の事だったようです。 面倒臭いのでメール・チェックなどしてないものですから、それに気付いたのは 01/17 。 翌日の 01/18 に だいこん に伺った際お母ぁさんに尋ね、店仕舞い の件を知りました。

ガーン!  おいらの週末はどうなっちまうんだぁー! Orz

この事は 02/01 に店内で告知するという事でしたので、それまでは誰にも、Vちゃん にも伝える事はしませんでした。 Web 上でも公表は控えてました。 てか、しばらく立ち直れなくて、とくに Web はサボってました。 本当は、店仕舞いまでの日々を Web で盛り上げなくちゃ って想いもあったのですが、そんな気になれなかった。 黙々と だいこん に通い、残された時間を味わってました。ただし、写真だけは撮ってました。 画像を Web に載せるのは、ついでの気まぐれでやらせて頂いてます。


「 以前、メニューの中に 麦とろ定食 って無かった? 」

「 あれ、とろろ芋 が高くなって、出せなくなっちゃったんです。 」

麦とろ、大好きなのです。 ご幼少の頃、我が家で擂( す )る係りは私でした。

「 店仕舞いの前に、一度作ってもらえない? 」

お母ぁさん、快諾して下さいました。 入店した際、常連のお客さんが一人、既に食べてらっしゃいましたが、当日の 外看板 のお品書きに 麦とろ の文字は無く、だから特別の裏メニューだったんだと思います。


とろろ が凄かった。 普通の長芋とかじゃなく本物の 自然薯 でした。 クリーミーにしっかり擂( す )られているにもかかわらず、スプーン に力を入れると ひとかたまり になって持ち上がってきます。 これでは値が張るのも仕方ない。 一律 ¥680 のランチ = 昼定食で採算が取れないのも無理はないです。

ご飯 も凄かったです。『 麦とろ 』なので 麦めし なのですが、麦が違います。 お母ぁさん、『 もち麦 』っておっしゃってたかと思いますが、つるん としてて ぷちぷち した独特の食感。 豊かな麦の香り。 とろろめし に麦を入れると喉ごしがさらに増すように思うのですが、もち麦を使うと、それがさらにさらに増すように感じました。 口に含んだ途端、喉を抜けて胃に落ちてくというか … え゙? もっとゆっくり味わってたいのに! みたいな。

そして、茄子の味噌汁 も美味しかった。 ただ単に私が茄子好きなだけですが、麦とろとの相性抜群! です。


※ 各ページに画像は徐々に増やしているのですが、このままではページが増えていきません。 かつて頂いた思い出の料理たち、メインで採り上げてこなかったもの、メニューから消えてしまった料理などを中心に、ゆっくりご紹介していこうと思ってます。 ≫ 感動の食卓 INDEX

 サンクゼール 飯綱アップルシードル  サンクゼール 飯綱アップルシードル

 サンクゼール 飯綱アップルシードル

あまり宣伝してきませんでしたが よだっと音楽館 というクラシック・コンサートに特化したサイトも別途開いてます。 現在モチベーションが上がらず一年以上放置状態なので、あまり関心を持って頂く必要はありませんが … 音楽館 のマスコット兼アイドルを務めて頂いてるお二人の美女のうちの一人に 吉瀬弥恵子 さんと言うヴィオラ奏者がいらっしゃいます。 Wiki によりますと、彼女、桐朋卒、パリ国立高等音楽院 = CNSMDP 首席卒業という、何んというか、例えばマサチューセッツ工科大学 = MIT 首席卒業みたいな、とんでもない経歴の持ち主です。 私のような老いぼれ庶民としては、面識があるだけでも畏れ多いというか …

Wiki に載ってるだけでも凄いでしょ!

で、先日、その吉瀬さんご夫妻と食事をする機会があり、私としては、ご夫婦にとっていつもとは異なる 和の別世界 を体験して頂きたく、花水木 さんにご案内し、大いに食べ、大いに( 私だけ )呑み、とても楽しいひと時を( 私だけ? )ご一緒させて頂きました。 花水木 さん、決して場末の居酒屋さんとか、格安居酒屋チェーン店さんではないですからね。 まぁ、高級料亭とまではいかないかもしれませんが、どなたでも、例え安倍総理でも、自信を持ってお連れできる 下町のナポレオン 的お店だと思ってます。

で、で、その際にお土産に頂いたのが 写真のボトル林檎シードル酒 、カテゴリー的にはスパークリング・ワインらしいです。 私が信州出身だということで、わざわざ 長野県飯綱町 産の シードル酒 を持って来て頂きました。 こういうところが庶民とは違う感覚、セレブですよね。 フツー、呑み会にお土産、持って行かねぇもの。



前置きが長くなってしまいました。 本題は ちゃっちゃ と済ませます。

んで、美味しかったぁ ~  ^^

寄る年波には逆らえず、最近はさっぱりですが … お酒は、種類も量も、けっこう頂いてきたつもりです。 が、名前は知ってましたがシードル酒は未経験でした。 発泡酒ってのも知りませんでした。 ドライ・シェリーは大好きでよく呑みましたが ( 何んの根拠もありませんが )だいたいあんな感じだろう、くらいに思ってました。

シェリーではありませんでしたね。 Wiki にあるとおり、スパークリング・ワインです。 で、口当たりも軽く、地元、飯綱町産林檎の甘い薫りに包まれてました。

   ゔー 信州の薫りだよーっ!  v(^o^)v

呑み終わりに、澱( おり )がグラスの底に沈んでいきます。 そこもまた美味しい。 人生で2度目の澱です。 こだわりをもって手作りされてるのが、よく分かります。

父の日、うに太 さんで テイクアウト してきた 牛肉煮込みソースのパスタ と共に豪華な昼呑みをさせて頂きました。 吉瀬さま、ご主人様、豊かな昼下がりをありがとうございました。 林檎シードル、病みつきになりそうです。ガスト 成増 とんかつ コロナにとんかつ! 成増 カツ丼 コロナにカツ丼! やまだや  成増 グリーンカレー ウニタ unita うに太  成増 道頓堀 牛すじ煮  成増 だいこん 麦とろ定食  成増 だいこん 味噌汁  成増 だいこん 味噌汁


追記。 ご主人はシステム・エンジニアをなさっており、今、私が構築しようと密かに企んでるシステムを助けて頂こうと思ってます。 さて、受けて頂けるかなぁ。 ^^;


えびフライ日記 : 吉瀬さんのブログです。
ワイズ音楽教室 ( Y's 音楽教室 ): 吉瀬さんが講師を務める、練馬にある音楽教室です。
飯綱町ホームページ : 飯綱ってどんな街? 飯綱町公式ホームページ
㈱サンクゼール : 林檎シードルの生産者様です。 経営者の久世様からの命名?


※ 各ページに画像は徐々に増やしているのですが、このままではページが増えていきません。 かつて頂いた思い出の料理たち、メインで採り上げてこなかったもの、メニューから消えてしまった料理などを中心に、ゆっくりご紹介していこうと思ってます。 ≫ 感動の食卓 INDEX

 成増 ランチ だいこん 味噌汁 2019/09/07  成増 ランチ だいこん 味噌汁 2019/03/30

もはや伝説になっちゃうのかもしれませんが … 成増( 本当は練馬区 )旭町三丁目に ごはん処 だいこん という、私よりかなりご高齢のお母ぁさんがオーナー・シェフをされてる小さな定食屋さんがありました。 ランチ専門店でした。 2020/03/31 で店仕舞いされるまで、私の週末のお昼は だいたい だいこん で過ごさせて頂いてました。 あ、コロナのために店仕舞いされたのではありません。 今回の感染症騒ぎが起きるずーっと前から、決まっていた事のようです。お母ぁさん、ご高齢でしたからね。

で、まずは店名の だいこん にちなんで 大根の味噌汁 をご紹介させて頂きます。 拡大 して頂くと分かりやすいかと思うのですが、大根の切り口にご注目願います。 箸で触( ふ )れれば ほろほろ 崩れてくるくらいしっかり煮えてるのに、まだ、切り口のエッジが立って残ってるのがご確認頂けるでしょうか。 よく研がれた包丁。 絶妙な火加減とタイミング。 お母ぁさんが心を込めて刻( きざ )み、火を通し、椀に盛って下さったお味噌汁です。

二椀目は じゃがいもの味噌汁 。 分厚いジャガイモでした。 10㍉ は大げさですが 7 ~ 8㍉ はありました。 写真では2枚写ってますが、この下に、さらに大きいのがもう1枚あったのです。 ちょっと驚きました。 さらには、手入れの行き届いた畑の薫りが椀の中にしっかり残ってるのです。 夏休み、田舎の爺ちゃんちに遊びに行き、爺ちゃんの作った、お天道さまをたぁ~っぷり浴びたじゃがいもを婆ちゃんが料理してくれた、そんな味噌汁でした。

お母ぁさん、お元気されてるでしょうか。 お母ぁさんはアーティストでした。


※ 各ページに画像は徐々に増やしているのですが、このままではページが増えていきません。 かつて頂いた思い出の料理たち、メインで採り上げてこなかったもの、メニューから消えてしまった料理などを中心に、ゆっくりご紹介していこうと思ってます。 ≫ 感動の食卓 INDEX

続きを読む

↑このページのトップヘ