よだっと の レストラン徘徊 PLUS

食べログ『 よだっと の レストラン徘徊 』を補完するサイトとして充実した運用を目指す事に致しました。 あくまでも日頃お世話になっているお店の応援とか、サテライト・サイトとして SEO を楽しもう! ってのが趣旨で、メインは 食べログブログ のつもりなのですが、併せて ごひいきのほど、よろしくお願い申し上げます。 なお、コメント等ございましたら 食べログ よりお願い致します。
仮称 " My wandering restaurants by Yodat " 又は " Yodat's wandering restaurants PLUS " というサイトの立ち上げを考えております。 内容は日本文に準ずる予定ですが未定です。 英文( 意訳 + )で参加して頂ける方を募集しております。

 成増 食堂 定食 やまだや アスパラ・ベーコン  成増 食堂 定食 やまだや とろろご飯  成増 食堂 定食 やまだや うな丼  成増 食堂 定食 やまだや カツ丼
 成増 食堂 定食 やまだや 親子丼  成増 食堂 定食 やまだや 豚の生姜焼き  成増 食堂 定食 やまだや 照り焼きチキン  成増 食堂 定食 やまだや 肉ピーマン炒め定食
 成増 食堂 定食 やまだや オムレツ  成増 食堂 定食 やまだや 〆サバ  成増 食堂 定食 やまだや イカフライ  成増 食堂 定食 やまだや エビのかき揚げ  成増 食堂 定食 やまだや カツカレー
 成増 食堂 定食 やまだや 焼き鮭  成増 食堂 定食 やまだや ハモの天ぷら  成増 食堂 定食 やまだや 皿うどん  成増 食堂 定食 やまだや そうめん  成増 食堂 定食 やまだや 厚焼き玉子
 成増 食堂 定食 やまだや かぼちゃ煮  成増 食堂 定食 やまだや ほうれん草のお浸し  成増 食堂 定食 やまだや 牛肉すき焼き風  成増 食堂 定食 やまだや 煮じゃが  成増 食堂 定食 やまだや 白菜漬け
 成増 食堂 定食 やまだや きんぴらごぼう  成増 食堂 定食 やまだや とん汁  成増 食堂 定食 やまだや ご飯 ( きゃらぶき )  成増 食堂 定食 やまだや ご飯  成増 食堂 定食 やまだや ご飯 ( 納豆 )
 成増 串カツ やまだや コロナに串カツ!  成増 カツ丼 やまだや コロナにカツ丼!  成増 メンチカツ やまだや コロナにメンチ・カツ!  成増 カツ煮 やまだや コロナにカツ煮! やまだや コロナにカツ・カレー!( ポスター )

以前、別ページで『 成増で昼呑み 』というテーマで採り上げさせて頂いたやまだや( = やまだ食堂)さんですが、実のところ、やまだ食堂で昼飲みをさせて頂いた事はまだありません。 嘘じゃないです。 例の、アルコールの彼方にはるか霞んで … ってヤツでもないです。

いいかげんなボケ老人が、何故、こんなにはっきりした物言いが出来るかというと、やまだ食堂に向かうのはいつも夕方以降、お昼どき ~ 昼下がり = お昼を頂きに 伺った事がまだ無いからです。 つまり、昼飲み出来る時間帯に行った事が無い = 昼飲みした事が無い、そういう理屈です。 分かりやすい説明だと自負します。

もう一点、ここが最も重要なのですが、私の中のやまだ食堂に行きたいと思わせる動機は、いつだって『 ご飯が食べたい 』のです。 もちろん伺えば呑みますが、メインは呑みたいではなく食べたいなのです。 そして、いつだって期待に充分応えてくれるお店だから行き続けるのです。 新規顧客の開拓と常連さんの創出は営業の両輪だと思いますが、常連さんの創出という意味では、飽きさせないってのも重要なポイントの一つだと、つくづく思います。やまだ食堂は美味しいばかりではありません。 いつだってお客さんを飽きさせない、そういうお店です。『 成増で昼呑み 』、大いに結構で私も実践させて頂いておりますが、たまにはやまだやに本気で食べに行くのも楽しいかなって思います。 あ、時々一人で入店される若い女性をお見かけする事が多いのですが、何故か美女ばかりのような気がするのですが、このお嬢さんたちは確かに食べにいらしてますね。 てか、一杯くらい呑めばさらに美味しいのにって、いつも思いながら拝見してます。

※ ちなみに成増でランチだったら … まずは『 やまだや 』、旭町のランチ専門店『 だいこん 』、兎月園通りの『 花水木 』の3店舗がお勧めです。 それぞれ『 みんな違ってみんないい 』お店ばかりで料理も美味しいですが、食卓の基本、ご飯がしっかり炊けている事、お味噌汁に心がこもっている事だけでも特筆に値します。 もちろん昼呑みも出来ます。 あと、お子さん連れだったら『 ガスト 』も選択肢に加えといて下さい。


   ≫ 成増で昼飲み やまだや ( よだっとのレストラン徘徊 PLUS
   ≫ 娘と行きたい! やまだや ( 成増 = やまだ食堂 ) ( ブログ
   ≫ やまだや ( 食べログ
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵

 成増 串カツ 花水木 お食事処 コロナに串カツ!  成増 テイクアウト お持ち帰り 花水木 お食事処 お持ち帰り弁当 テイクアウトやってます 定食 お弁当  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 春巻き  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 春巻き  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 手造りしゅうまい  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 手造りしゅうまい  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 ゴーヤ・チャンプルー  成増 ランチ 定食 花水木 お食事処 くつろぎのご飯  成増 ランチ 定食 花水木 お食事処 くつろぎのハナミズキ  成増 居酒屋 花水木  お食事処 ご飯 定食 ランチ  成増 ランチ 定食 居酒屋 花水木 お食事処 ハナミズキ
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 ポークジンジャー  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 タコの唐揚げ  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 真鯛と野菜のせいろ蒸し  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 黒豚焼餃子  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 黒豚焼餃子
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 銀ダラ煮つけ  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 サバの味噌煮  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 鯖 ( 焼き魚定食 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 アコウダイ ( 焼き魚定食 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 焼き鮭 ( カマ )
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 麻婆茄子 ( 定食 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 牛カルビ焼き  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 豚キムチ ( 定食 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 牡蠣フライ ( 定食 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 カレー
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 たらこ焼きうどん  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 オニカサゴ刺身  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 イカ一夜干し  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 ピーマンの肉詰め  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 漬け物盛り合わせ
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 ニタリクジラ刺身  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 馬刺し  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 タラのから揚げ ( 付け出し )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 赤エビの丸焼き  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 あさり酒蒸し ( 定食 )
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 ホウボウ ( 刺身 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 平目 ( 刺身 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 大間産本マグロ  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 鯛 ( 刺身 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 カンパチ ( 刺身 )
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 付け出し ( だだちゃ豆 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 付け出し  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 しらうお ( お通し )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 漬け物盛り合わせ  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 カニ味噌チーズ
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 総菜三種  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 付け出し ( 油揚げ 巾着たまご )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 付け合わせ  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 付け合わせ  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 味噌汁
 成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 ご飯  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 ご飯  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 ご飯  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 梅酒ソーダ  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 外観 ( 夜景 )  成増 食堂 居酒屋 食事 定食 ランチ 花水木 外観

成増 お持ち帰り弁当 花水木 ランチ・定食・お弁当 ( 兼・居酒屋
 成増 お持ち帰り 花水木 焼き魚弁当 ( アカウオ )  成増 お持ち帰り 花水木 鯖の塩焼き弁当 ( テイクアウト )  成増 お持ち帰り 花水木 ハンバーグ弁当 ( テイクアウト )  花水木 お弁当・テイクアウトできます。( 外看板 )  成増 テイクアウト お持ち帰り 花水木 お食事処 お持ち帰り弁当 テイクアウトやってます 定食 お弁当
 成増 ランチ 定食 花水木 お食事処 くつろぎのご飯  成増 ランチ 定食 花水木 お食事処 くつろぎのハナミズキ  成増 居酒屋 花水木  お食事処 ご飯 定食 ランチ  成増 ランチ 定食 居酒屋 花水木 お食事処 ハナミズキ  成増 串カツ 花水木 お食事処 コロナに串カツ!

   ≫ 2019/10/20 追記 しました

東京メトロ地下鉄成増駅1番出口を左へ、セブン・イレブンの角をさらに左へ、あとは道なり、計240m、3分歩くと … 成増・兎月園通り、信号( 旭町三丁目東 )を一つ渡った先の左側に『 白提灯 』が見えてきます。 赤提灯 ではありません。 白い提灯に『 食事処 花水木 』と大書されてる、それが目印です。

 ※ 欄外に、兎月園につき 少々触れさせて 頂きました。よろしければどうぞ。

お食事処 花水木 』、ご主人のお仕事が 真摯丁寧誠実 この三文字に尽きる、そういうお店です。 乱暴な言い方をお許し頂き、食堂 = レストラン を Active と Static 、暴力的火力で攻める中華料理店と高級老舗料亭の二つに大別させて頂きますと … どちらもそれぞれ素晴らしいですが … 花水木 は紛れもなく後者、料亭タイプのお店だと思います。 ご主人とお話していると料理ほどには生真面目タイプとも思えないのですが、素顔はどんな方なんでしょうか。 高校時代のお友達とかがいらっしゃれば伺ってみたいですけど。

さて、たった数回ではありますがお店に通わせて頂いてるうちに何となく分かってきた事があります。花水木、ご主人としては基本的にお食事処 = 食堂 = 定食屋さんなんだと思います。 私の初期の最大の気がかり、なぜ 白提灯 なのか、じゃないのか、について 明日の心だぁー! 風に勝手に考察させて頂きますと … 「 ウチは食堂だよ、呑み屋じゃないよ、でも、楽しく呑んで頂けるよう心がけてもおります 」みたいな? それがじゃなく『  』にした理由なのかな? って思うのです。

とにかく居酒屋として利用したかった( 今もしたい )私ですし、成増を代表する居酒屋さんとして、どなたにも自信を持ってお勧めできる『 花水木 』ですが、そういう事なら、しばらくは積極的に定食も頂いてみたいかな、なぁ~んて思ってます。 以降の展開( 食べログ )を楽しみに、花水木さんと併せて応援して頂ければ、こんなに嬉しい事はありません。

   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆


2019/10/20 追記します。

『 花水木 』の魅力、居心地の良さ、とかとか。 料理、お酒、ご飯が美味しい、融通無碍なお客対応、ご主人の人柄など。 つまり、お店としての懐の深さにつき、食べログ などで多々述べさせて頂いてまいりましたが、最近、訪問回数が増えるにつれ、だんだん分かってきた事があります。

花水木 、私が行く時間帯( 夜、7時以降 )は、いつも客足がまばら、閑散とした佇まいなのです。 つまり、人的ストレスを感じずに済む空間演出。 これ、私にとっては大変ありがたく、このお店が『 くつろぎの空間 』である事の大きな要因になっていると思うのです。 入店し、たくあん のぽりぽり音高く、ゆっくり呑み始め、料理をつつき、ご主人と BRAVE BLOSSOMS や 森選手兼任監督率いる新日鉄釜石の、前人未到の全日本3連覇について熱く語ったり … v(^o^  大満足で〆のご飯に進むのです。

ただ、この状態で経営が成り立つとは思えず、考えてみるに、たぶんここ、ランチ がメインのお店なのではないでしょうか。 んー、でも、もったいないなぁ。 ご主人にしても不本意だと思います。 お店を退出し後ろ手に引き戸を閉めると、まだ、けっこう人通りがあるんだもの。 でも、ほとんどの方は残業に疲れ家路を急いでいるか、さもなければスキップ村界隈で食事を済ませ、一杯呑( や )ってきてるんだと思います。

本当にもったいない。 途中、こんな いいお店 があるのに!

でもなぁ、花水木 を BRAVE BLOSSOMS 同様、大応援している( つもりの )私ではありますが、あちこちのページで応援しまくって、もし、行列が出来るほどの大繁盛店になってしまったらどうしよう。 くつろぐ どころか、入店すらままならなくなってしまうじゃないですか。 ^^;  そういった要素を潜在させてるお店ですからね。

そのくらい いいお店 だから、捕らぬ狸の、思案のしどころなのであります。

   ≫ くつろぎのご飯 成増一丁目 兎月園通り 花水木 ( 食べログ
   ≫ 花水木 画像一覧 ( フォト蔵


続きを読む

 La むめい狼 ( 成増店 ) 外観

 だいこん 成増のランチ  花水木 くつろぎのご飯 ランチ  花水木 くつろぎのご飯 ランチ 重そうな板戸に覗き窓が2ヶ所。 こちら側は平和な日本の休日のお昼の日常がいつもどおり流れてるのですが、あの覗き窓の片方、どちらかの向こう側にはデューク・東郷の目が光り、右手の人差し指はM16のトリガーに添えられています。 不用意にドアのノブに手でもかけようものなら、その瞬間、眉間に銃弾が撃ち込まれているかもしれません。いえ、たぶんそうなってるような気がします。 仕事の依頼者を示すあの『 しるし 』を、体のどこか、彼に見えるような場所に身に着けておく必要があります。

それでもノブに触れる際はご注意願います。 そっと、お静かに。 神のご加護を。

などと … 少し離れた電柱の陰から窺っていると … 息子と嫁と孫たちを引き連れたお婆ぁさんが引き戸の取っ手を無造作に開け、さっさと中に入ってっちゃいました。

しまった! 先越された! 婆ぁちゃん 強ぇーわ。 無駄に歳とってねぇ。


 La むめい狼 ( 成増店 ) 外観

半年くらい前からカレーが食べたい気分が続いておりまして、わざわざ隣駅のロイヤルホストまで出かけたり、ガストジョナサン、セブン、スーパーの総菜コーナーのカレーまで試しているのですが、一時的に気分は収まるものの、なんか、どうしても物足りません。 成増には『 ここ、一番美味しいよね! 』というカレー・チェーン店や、複数のインド・カレー専門店などもあり、けっこうお世話になってたのですが、イマイチ私の口には合わなかったようで、いつの間にか足が遠のいてしまってます。 デニーズのカレーが好きだったのですが、デニーズ、30年続いた成増から撤退しちゃいました。今となってみると、これ、とっても痛かったです。 私の体が要求しているのは日本の洋食屋さんのカレー 。 基準となっているのは 銀座たいめいけん 。 昭和6年創業とありますので、我が愛しの やまだや の5年後なんですね。 ホーム・ページを拝見すると、カレー ¥750 とあります。 これより高いのか安いのか。 口に合うのか合わないのか。 さて、どうなのでしょう。


 La むめい狼 ( 成増店 ) ランチ・メニュー

どっか近所で美味しい洋食屋さんのカレー喰いたいなぁ。 周囲に問い合わせてみます。 で、教えて頂いたのが『 むめい狼 』。

正しくは  La むめい狼 成増店

勧められたランチ・メニューを拝見すると、洋食屋さんの定番以外に お刺身 とかも並んでて … これ、カテゴリー的には大衆食堂? ちょっと様子は違うけど やまだや の競合店 。だいこん とも 豚バラしょうが焼きサンマの開きカレイの煮付け で被ってる。 

すんません、口コミ重視派です。ID まで取得しておきながら、食べログにはいいかげんな事しか書いてないし、そもそも 食べ歩き にそれほど興味も無くグルメ・サイトも ほとんど参考にした事がありません。 先日、ランキング・ページ など覗いたものだから、益々その感を強くしてしまいました。 ただ、口コミ情報源のソースがグルメ・サイトだったりした場合のパラドックスまでは考えてませんでした。 これ、どうなるのかなぁ。 ^^;


 La むめい狼 ( 成増店 ) カツ・カレー ( ランチ )

カツ・カレー を注文。 本当は普通のカレーを食べてみたかったのですが、ランチ・メニューにカレーは無く、仕方なくカツ・カレーになりました。 あ、通常メニューにもカレーは載ってなさそうです。

結論から言います。 最悪でした。 先日 寿々喜 で頂いた カツ丼大ハズレ でしたが、それに匹敵する酷さでした。ルーは まぁそこそこ。コクはイマイチでしたがスパイシー。メニューにカレーが載ってたら 再挑戦してみたいと思わせる品質(注)でしたが、カツ がなんともお粗末。 薄いお肉を揚げ過ぎており、硬くなってしまったばかりでなく味が飛んじゃってます。 私の大好きな やまだやカツ煮かつ丼ガスト豚カツ は言うまでもなく、数日前に頂いた セブンカツ・カレー の方が口に合います。 お肉って揚げ過ぎると苦味が出てきます。カレーはポテンシャル高めの料理なので気付きにくいですが、既に、いくらか苦かったかもしれません。 小さくてもいいので、少々厚いお肉にして頂けたら防げるかなぁ。 それと、ご飯が( カレー用としては )水気が多く柔らか過ぎます。 私が老人って事で気を遣って頂いたのかもしれませんが、もう少ししっかり炊けたご飯で頂きたかったです。

災難はさらに続きます。 カレーと一緒にビールも注文してあったのですが、一向に出てくる気配がありません。

「 中ジョッキでいいですね。 」

注文時、フロアー・スタッフのお兄さんご自身が復唱されてたので安心してたのですが、緊張感が足りない? どうやら伝達もされず、忘れられてしまったようです。 そろそろカレーを食べ終えちゃいます。

「 あのー、ビールまだでしょうか 」

出て来たのはグラスのビールでした。  ^^;

僭越なもの言いで失礼とは存知ますが、店長さん含め皆さん全員、一度、例えば ロイヤルホスト のフロアー研修など受けられてはいかがでしょうか。 やまだやカツ煮かつ丼ガスト豚カツだいこんランチ定食 なども、ぜひ、心を開いて召し上がってみて頂きたいです。 貴店には及ばないかもしれませんが、参考になる部分もきっとあるはずだと思うのです。


 La むめい狼 ( 成増店 ) サラダ ( カツ・カレー )

添えられていたサラダはフツー。 可もなく不可もなし。 水菜の食感が好きなので、もう少し多かったら嬉しかったかも。 ドレッシングはかかってなくても大丈夫です。


さて、以上なのですが、これをそのまま食べログに載せてしまうのはいかがなものかと思いました。 掲載は、行ったお店の半分以下、という、最初の決め事にも反します。 この内容では、お店の方だって嬉しくないと思います。 基本的に辛口コメント = 素直な感想を目指してはいますが、食べログ を悪口を言う場所にしたいと思っているわけではありません。

また、今回伺ってみて、このお店、けっこう人気店のようでした。 当日は 母の日 だった事もあるのでしょう、例の元気なお婆ぁちゃんの他にも、それらしい家族連れが沢山いらっしゃってました。 店を出る際には、外のベンチで待っている方もお見かけしました。 むめい狼 での外食を楽しみにされてるお子さんもいらっしゃる事と思われます。 家族連れで繁盛している。 これには何か訳があると思うのです。 寿々喜かつ丼 同様、一度で凝りてしまっては、ちょっともったいないお店のように感じました。 また伺って何か別のものを頂いてみたいと思ってます。 ゴルゴ13 は、いつもは何を召し上がってるのでしょうか。

という訳で、取り敢えず、どなたもいらっしゃらないこのページにアップしておき、再訪の機会を見て、食べログ掲載を検討させて頂こうと思ってます。

でも、その前に美味しいカレーが食べたい! ^^
続きを読む

 成増 ランチ だいこん 豚カツ ( 定食 )  成増 ランチ だいこん 成増のランチ 夢だとか 希望だとか  成増 ランチ だいこん 成増のランチ  成増 ランチ だいこん ランチ感動の日々  成増 ランチ だいこん サバ ( 焼魚定食 )  成増 ランチ だいこん 太刀魚 ( 定食 )  成増 ランチ だいこん アカウオ ( 焼魚定食 )  成増 ランチ だいこん 豚ロースみそソテー
 成増 ランチ だいこん 菜花の和え物 & 炒り玉子 ( 定食 )  成増 ランチ だいこん なすの揚げ出しマーボーあんかけ ( 定食 )  成増 ランチ だいこん シューマイ ( 定食 )  成増 ランチ だいこん 肉うどん ( 定食 )  成増 ランチ だいこん きゅうりとわかめの …
 成増 ランチ だいこん 蕗と筍の煮付け ( 定食 )  成増 ランチ だいこん 菜花のおひたし  成増 ランチ だいこん ごぼう煮 ( 定食 )  成増 ランチ だいこん おつまみ ( お酒 )  成増 ランチ だいこん ビール  成増 ランチ だいこん お酒
 成増 ランチ だいこん ご飯 ( 定食 )  成増 ランチ だいこん ご飯  成増 ランチ だいこん ご飯  成増 ランチ だいこん ご飯  成増 ランチ だいこん 味噌汁
 成増 ランチ だいこん  外観  成増 ランチ だいこん 外観  成増 ランチ だいこん 外観 ( お品書き )  成増 ランチ だいこん 成増のランチ 夢だとか 希望だとか  成増 ランチ だいこん 成増のランチ  花水木 くつろぎのハナミズキ ご飯 ランチ  花水木 くつろぎのご飯 ランチ  成増 イタリアン unita ウニタ ランチ ディナー うに太  ガストは美味しい!
成増ランチ ったら、やっぱ『 だいこん 』でしょう。 安い! ってよりは 美味しい! ってお店です。 ここ抜きに成増のランチは語れないですよね。 愛してやまないランチ専門店『 だいこん 』ですが、成増を離れ、もっと多くの方々に知って頂きたく、新規ブログまで立ち上げ、早速『 練馬でランチ 』ってページ作っちゃいました。 ^^;

でも、これだけでは片手落ち? だって、やっぱ成増のお店だもん。

で、『 成増 でも ランチ 』っつうわけです。 画像は現状 練馬ページ とほぼ同じものですが、将来的に写真が増え、資料が整っていく段階で、( まずは練馬ページを優先に )徐々にオリジナルなものに変更していく予定です。

だいこん 』、東京メトロ地下鉄成増駅1番出口から 265m、徒歩3分の所にある ¥750 均一の日替わりランチ( 昼めし = 昼定食 )専門店( 食堂 )です。 ただし、正しい地籍は 練馬区旭町 。 なので、少なくとも練馬の人たちにはもっと知って頂きたかったんですね。 それに『 練馬だいこん 』っつう ゴロ合わせ 、やっぱ私の世代には捨てがたいですし。

まぁ、成増をおろそかにしたら本末転倒って事です。 皆様のご協力を得ながら併せて色々試していきたいと思ってます。 応援、よろしくお願い致します。

詳細は 食べログ に譲りますが、ここ、美味しいだけじゃなく、オーナー・シェフのお母ぁさんの繊細なセンス、フロアー・スタッフの皆さんの心配りが光る、ヘルシー & アット・ホーム & フレンドリー、女性にも優しい素敵なお店です。 通常、女性3人( お母ぁさん、娘さん? お孫さん? = 本当のところは存知上げません )で切り盛りするお店って事もあるのでしょう、実際に女性のお客さん、お子さん連れの若いママさんたちをお見かけする事も多いです。 ちょうど私の孫くらい、小さな靴が可愛いです。 私の個人的な唯一の難点はランチ専門って事。 夜、9時くらいまでやっててくれないかなぁ。 ^^;

   ≫ だいこん ( 食べログ
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵
   ≫ 成増のランチ だいこん ( よだっと写真館
   ≫ 練馬でランチ だいこん ( よだっとのレストラン徘徊 PLUS


続きを読む

 サイゼリヤ ペンネ・アラビアータ  ガストは美味しい!  だいこん 成増のランチ  花水木 くつろぎのご飯 ランチ  花水木 くつろぎのご飯 ランチ  サイゼリヤ スープ入り塩味ボンゴレ  サイゼリヤ エスカルゴのオーブン焼き
 サイゼリヤ 柔らか青豆の温サラダ  サイゼリヤ ムール貝のガーリック焼き  サイゼリヤ 辛味チキン + ランブルスコ セッコ  サイゼリヤ 熟成ミラノサラミ + ランブルスコ セッコ
 サイゼリヤ 辛味チキン  サイゼリヤ キャベツとアンチョビのソテー  サイゼリヤ 粗挽きソーセージのグリル  サイゼリヤ ランブルスコ ロゼ ( デカンタ )
サイゼリヤ 、ここも私にとっては呑むお店です。 頂くのはいつもスパークリング・ワイン。ランブルスコ・セッコ という銘柄をボトルで頂いてます。ロゼ がありますが、やっぱ  かなぁ。 あ、グラスもデカンタもありますので心配ご無用です。

この発泡酒、ボトルで ¥1,000。税込み ¥1,080 という設定なので、例えば Moët とかのように、極端に言えば Dom Pérignon で『 ゆっくりシャンパンを楽しむ 』みたいなお酒ではありません。 かつて、口の中でパチパチはじける小粒のキャンディーがありましたが、あんな雰囲気の ノリ を楽しむって想定で作られてるんじゃないでしょうか。『 楽しむ 』んじゃなくて『 楽しい!』のであります。

※ ランブルスコ・セッコ 、スキップ村 にある KALDI という食料雑貨屋さんにも置いてあります。¥1,000 より安かったと思います。 サイゼリヤのものより少しだけスパークリング・ワインらしい味 = 高級感がありますが、個人的にはサイゼリヤのものの方が好きです。 てか、楽しい!

で、これにピッタシ!なのが エスカルゴ 、そして キャベツとアンチョビのソテー です。 アンチョビの旨みと塩分がキャベツに絡んでたまりません。 他に何を頼んでもけっこうですが、この2つは外せません。私は追加でお願いする事も度々です。

サイゼリヤ、メニューも豊富で嬉しいのですが … 呑んだ後の〆には最高のアイテムである ペンネラザニア の品数が貧弱で残念です。 いつも アラビアータ ばっかっていう現状から何とか脱却したいのですが、なかなかいい案が浮かんできません。


   ≫ サイゼリヤ ( 食べログ
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵

 練馬 ラーメン ぼにしも らーめん  練馬 ランチ イタリアン うに太 unita ウニタ ディナー パスタ まいうにた  練馬 イタリアン ディナー unita ウニタ うに太 ランチ パスタ  練馬 ランチ イタリアン うに太 unita ウニタ ディナー パスタ  練馬 ランチ イタリアン うに太 unita ウニタ ディナー パスタ  練馬 ランチ イタリアン うに太 unita ウニタ ディナー パスタ  練馬 ラーメン ぼにしも らーめん  練馬 ラーメン ぼにしも らーめん  練馬 ラーメン ぼにしも らーめん
 練馬 ラーメン ぼにしも チャーシューめん  練馬 ラーメン ぼにしも 塩らーめん  練馬 ラーメン ぼにしも らーめん  練馬 ラーメン ぼにしも 岩塩焼き豚
 練馬 ラーメン ぼにしも 皿えびワンタン( 茹で )  練馬 ラーメン ぼにしも 皿えびワンタン( 茹で )  練馬 ラーメン ぼにしも 皿えびワンタン( 茹で )  練馬 ラーメン ぼにしも 皿えびワンタン( 茹で )
知る人ぞ知る練馬の名店です。 練馬駅からしばらく歩くのですが、途中、ラーメン屋さんを沢山見かけます。 本当にいっぱいあります。 練馬って、たぶん ラーメン激戦区 ってやつなんでしょうね。 そんな激戦街を通り抜け、少し寂しくなってきた場所に ポツン とある、普通に歩いてたら見逃してしまいそうな小さなお店です。 私は ぼにしも をヴィオラ奏者の 吉瀬弥恵子 さんの ブログ で知りました。 彼女の大ファンなのです。

最初食べた時は、お店のご主人の想いをどう受け止めればいいんだろう って感じでした。 友人知人、娘まで誘ってみましたが、とくべつ高評価ではありませんでした。 でも、5回を超えて頂いてみると、こんな私でも、なるほどなぁ って想いは生じてきます。 同じ魚介系ではありますが、濃厚な旨みの 道頓堀 とは また ひと味違う 静かで穏やか、深い味わいです。 ベテランの諸先輩方が評価されるのも ごもっともな気がしてきます。

ここ、ラーメンばかりではありません。 私は ぼにしも茹でワンタン も大好きです。調子がよければ2皿頂いてます。 そして、何と言っても ビール!     ぼにしも のビールって、どうしてこう、特別美味しいんでしょうか。 出汁しの取り方が違うの? 熱燗 なら道頓堀冷酒( ひやざけ )なら花水木大瓶 なら やまだや、生ビールなら ぼにしも に限ります。 手元にビールの画像が残ってないのが、その美味しさを物語ってます。

イタリア語で『 美味しい 』、普通 オッティモ = ottimo と言うらしいのですが、ボーノ = buono という言葉もあるみたいです。 フランス語の「 食べるを楽しんでね = 召し上がれ = ボナペティ = bon appetit 」と語源が近いかもしれません。 その ボーノ の最上級が ブォニッシモ = buonissimo 、つまり ぼにしも なんだと思います。

   ≫ ぼにしも ( 食べログ
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵
   ≫ 練馬でラーメン 『 ぼにしも 』 ( とっておきの練馬 写真館
      『 いいね!』『 ブック・マーク 』 拡散、シェアお願いします。

↑このページのトップヘ