よだっと の レストラン徘徊 PLUS

食べログ『 よだっと の レストラン徘徊 』を補完するサイトとして充実した運用を目指す事に致しました。 あくまでも日頃お世話になっているお店の応援とか、サテライト・サイトとして SEO を楽しもう! ってのが趣旨で、メインは 食べログブログ のつもりなのですが、併せて ごひいきのほど、よろしくお願い申し上げます。 なお、コメント等ございましたら 食べログ よりお願い致します。

 La むめい狼 ( 成増店 ) 外観

重そうな板戸に覗き窓が2ヶ所。 こちら側は平和な日本の休日のお昼の日常がいつもどおり流れてるのですが、あの覗き窓の片方、どちらかの向こう側にはデューク・東郷の目が光り、右手の人差し指はM16のトリガーに添えられています。 不用意にドアのノブに手でもかけようものなら、その瞬間、眉間に銃弾が撃ち込まれているかもしれません。いえ、たぶんそうなってるような気がします。 仕事の依頼者を示すあの『 しるし 』を、体のどこか、彼に見えるような場所に身に着けておく必要があります。

それでもノブに触れる際はご注意願います。 そっと、お静かに。 神のご加護を。

などと … 少し離れた電柱の陰から窺っていると … 息子と嫁と孫たちを引き連れたお婆ぁさんが引き戸の取っ手を無造作に開け、さっさと中に入ってっちゃいました。

しまった! 先越された! 婆ぁちゃん 強ぇーわ。 無駄に歳とってねぇ。


 La むめい狼 ( 成増店 ) 外観

半年くらい前からカレーが食べたい気分が続いておりまして、わざわざ隣駅のロイヤルホストまで出かけたり、ガストジョナサン、セブン、スーパーの総菜コーナーのカレーまで試しているのですが、一時的に気分は収まるものの、なんか、どうしても物足りません。 成増には『 ここ、一番美味しいよね! 』というカレー・チェーン店や、複数のインド・カレー専門店などもあり、けっこうお世話になってたのですが、イマイチ私の口には合わなかったようで、いつの間にか足が遠のいてしまってます。 デニーズのカレーが好きだったのですが、デニーズ、30年続いた成増から撤退しちゃいました。今となってみると、これ、とっても痛かったです。 私の体が要求しているのは日本の洋食屋さんのカレー 。 基準となっているのは 銀座たいめいけん 。 昭和6年創業とありますので、我が愛しの やまだや の5年後なんですね。 ホーム・ページを拝見すると、カレー ¥750 とあります。 これより高いのか安いのか。 口に合うのか合わないのか。 さて、どうなのでしょう。


 La むめい狼 ( 成増店 ) ランチ・メニュー

どっか近所で美味しい洋食屋さんのカレー喰いたいなぁ。 周囲に問い合わせてみます。 で、教えて頂いたのが『 むめい狼 』。

正しくは  La むめい狼 成増店

勧められたランチ・メニューを拝見すると、洋食屋さんの定番以外に お刺身 とかも並んでて … これ、カテゴリー的には大衆食堂? ちょっと様子は違うけど やまだや の競合店 。だいこん とも 豚バラしょうが焼きサンマの開きカレイの煮付け で被ってる。 

すんません、口コミ重視派です。ID まで取得しておきながら、食べログにはいいかげんな事しか書いてないし、そもそも 食べ歩き にそれほど興味も無くグルメ・サイトも ほとんど参考にした事がありません。 先日、ランキング・ページ など覗いたものだから、益々その感を強くしてしまいました。 ただ、口コミ情報源のソースがグルメ・サイトだったりした場合のパラドックスまでは考えてませんでした。 これ、どうなるのかなぁ。 ^^;


 La むめい狼 ( 成増店 ) カツ・カレー ( ランチ )

カツ・カレー を注文。 本当は普通のカレーを食べてみたかったのですが、ランチ・メニューにカレーは無く、仕方なくカツ・カレーになりました。 あ、通常メニューにもカレーは載ってなさそうです。

結論から言います。 最悪でした。 先日 寿々喜 で頂いた カツ丼大ハズレ でしたが、それに匹敵する酷さでした。ルーは まぁそこそこ。コクはイマイチでしたがスパイシー。メニューにカレーが載ってたら 再挑戦してみたいと思わせる品質(注)でしたが、カツ がなんともお粗末。 薄いお肉を揚げ過ぎており、硬くなってしまったばかりでなく味が飛んじゃってます。 私の大好きな やまだやカツ煮かつ丼ガスト豚カツ は言うまでもなく、数日前に頂いた セブンカツ・カレー の方が口に合います。 お肉って揚げ過ぎると苦味が出てきます。カレーはポテンシャル高めの料理なので気付きにくいですが、既に、いくらか苦かったかもしれません。 小さくてもいいので、少々厚いお肉にして頂けたら防げるかなぁ。 それと、ご飯が( カレー用としては )水気が多く柔らか過ぎます。 私が老人って事で気を遣って頂いたのかもしれませんが、もう少ししっかり炊けたご飯で頂きたかったです。

災難はさらに続きます。 カレーと一緒にビールも注文してあったのですが、一向に出てくる様子がありません。

「 中ジョッキでいいですね。 」

注文時、フロアー・スタッフのお兄さんご自身が確認されてたので安心してたのですが、緊張感が足りない? どうやら伝達もされず、忘れられてしまったようです。 そろそろカレーを食べ終えちゃいます。

「 あのー、ビールまだでしょうか 」

出て来たのはグラスのビールでした。  ^^;

僭越なもの言いで失礼とは存知ますが、店長さん含め皆さん全員、一度、例えば ロイヤルホスト のフロアー研修など受けられてはいかがでしょうか。 やまだやカツ煮かつ丼ガスト豚カツだいこんランチ定食 なども、ぜひ、心を開いて召し上がってみて頂きたいです。 貴店には及ばないかもしれませんが、参考になる部分もきっとあるはずだと思うのです。


 La むめい狼 ( 成増店 ) サラダ ( カツ・カレー )

添えられていたサラダはフツー。 可もなく不可もなし。 水菜の食感が好きなので、もう少し多かったら嬉しかったかも。 ドレッシングはかかってなくても大丈夫です。


さて、以上なのですが、これをそのまま食べログに載せてしまうのはいかがなものかと思いました。 掲載は、行ったお店の半分以下、という、最初の決め事にも反します。 この内容では、お店の方だって嬉しくないと思います。 基本的に辛口コメント = 素直な感想を目指してはいますが、食べログ を悪口を言う場所にしたいと思っているわけではありません。

また、今回伺ってみて、このお店、けっこう人気店のようでした。 当日は 母の日 だった事もあるのでしょう、例の元気なお婆ぁちゃんの他にも、それらしい家族連れが沢山いらっしゃってました。 店を出る際には、外のベンチで待っている方もお見かけしました。 むめい狼 での外食を楽しみにされてるお子さんもいらっしゃる事と思われます。 家族連れで繁盛している。 これには何か訳があると思うのです。 寿々喜かつ丼 同様、一度で凝りてしまっては、ちょっともったいないお店のように感じました。 また伺って何か別のものを頂いてみたいと思ってます。 ゴルゴ13 は、いつもは何を召し上がってるのでしょうか。

という訳で、取り敢えず、どなたもいらっしゃらないこのページにアップしておき、再訪の機会を見て、食べログ掲載を検討させて頂こうと思ってます。

でも、その前に美味しいカレーが食べたい! ^^
続きを読む

だいこん 豚の生姜焼き だいこん イボダイ ( 焼き魚定食 )だいこん カレイの煮つけ ( 煮魚定食 )  だいこん 鮭 だいこん メヒカリ・フライ
だいこん だいこんサラダだいこん 人参しなしなだいこん 菜花のおひたしだいこん 銀杏と竹輪麩の煮付けだいこん 蕗の煮つけ
だいこん ごまめ ( たつくり )だいこん 小蕪の漬け物 + ふりかけだいこん ビールだいこん 緑茶割りだいこん ご飯だいこん ご飯
だいこん ご飯だいこん 味噌汁だいこん 外観だいこん 外観だいこん 外観 ( お品書き )
成増ランチ ったら、やっぱ『 だいこん 』でしょう。 安い! ってよりは 美味しい! ってお店です。 ここ抜きに成増のランチは語れないですよね。 愛してやまないランチ専門店『 だいこん 』ですが、成増を離れ、もっと多くの方々に知って頂きたく、新規ブログまで立ち上げ、早速『 練馬でランチ 』ってページ作っちゃいました。 ^^;

でも、これだけでは片手落ち? だって、やっぱ成増のお店だもん。

で、『 成増 でも ランチ 』っつうわけです。 画像は現状 練馬ページ とほぼ同じものですが、将来的に写真が増え、資料が整っていく段階で、( まずは練馬ページを優先に )徐々にオリジナルなものに変更していく予定です。

だいこん 』、東京メトロ地下鉄成増駅1番出口から 265m、徒歩3分の所にある ¥680 均一の日替わりランチ( 昼めし = 昼定食 )専門店( 食堂 )です。 ただし、正しい地籍は 練馬区旭町 。 なので、少なくとも練馬の人たちにはもっと知って頂きたかったんですね。 それに『 練馬だいこん 』っつう ゴロ合わせ 、やっぱ私の世代には捨てがたいですし。

まぁ、成増をおろそかにしたら本末転倒って事です。 皆様のご協力を得ながら併せて色々試していきたいと思ってます。 応援、よろしくお願い致します。

詳細は 食べログ に譲りますが、ここ、美味しいだけじゃなく、オーナー・シェフのお母ぁさんの繊細なセンス、フロアー・スタッフの皆さんの心配りが光る、ヘルシー & アット・ホーム & フレンドリー、女性にも優しい素敵なお店です。 通常、女性3人( お母ぁさん、お嬢さん? お孫さん? = 本当のところは存知上げません )で切り盛りするお店って事もあるのでしょう、実際に女性のお客さんも多いです。 私の個人的な唯一の難点はランチ専門って事。 夜、9時くらいまでやっててくれないかなぁ。 ^^;

   ≫ だいこん ( 食べログ
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵

続きを読む

 サイゼリヤ ペンネ・アラビアータ  サイゼリヤ スープ入り塩味ボンゴレ  サイゼリヤ エスカルゴのオーブン焼き
 サイゼリヤ 柔らか青豆の温サラダ  サイゼリヤ ムール貝のガーリック焼き  サイゼリヤ 辛味チキン + ランブルスコ セッコ  サイゼリヤ 熟成ミラノサラミ + ランブルスコ セッコ
 サイゼリヤ 辛味チキン  サイゼリヤ キャベツとアンチョビのソテー  サイゼリヤ 粗挽きソーセージのグリル  サイゼリヤ ランブルスコ ロゼ ( デカンタ )
サイゼリヤ 、ここも私にとっては呑むお店です。 頂くのはいつもスパークリング・ワイン。ランブルスコ・セッコ という銘柄をボトルで頂いてます。ロゼ がありますが、やっぱ  かなぁ。 あ、グラスもデカンタもありますので心配ご無用です。

この発泡酒、ボトルで ¥1,000。税込み ¥1,080 という設定なので、例えば Moët とかのように、極端に言えば Dom Pérignon で『 ゆっくりシャンパンを楽しむ 』みたいなお酒ではありません。 かつて、口の中でパチパチはじける小粒のキャンディーがありましたが、あんな雰囲気の ノリ を楽しむって想定で作られてるんじゃないでしょうか。『 楽しむ 』んじゃなくて『 楽しい!』のであります。

※ ランブルスコ・セッコ 、スキップ村 にある KALDI という食料雑貨屋さんにも置いてあります。¥1,000 より安かったと思います。 サイゼリヤのものより少しだけスパークリング・ワインらしい味 = 高級感がありますが、個人的にはサイゼリヤのものの方が好きです。 てか、楽しい!

で、これにピッタシ!なのが エスカルゴ 、そして キャベツとアンチョビのソテー です。 アンチョビの旨みと塩分がキャベツに絡んでたまりません。 他に何を頼んでもけっこうですが、この2つは外せません。私は追加でお願いする事も度々です。

サイゼリヤ、メニューも豊富で嬉しいのですが … 呑んだ後の〆には最高のアイテムである ペンネラザニア の品数が貧弱で残念です。 いつも アラビアータ ばっかっていう現状から何とか脱却したいのですが、なかなかいい案が浮かんできません。


   ≫ サイゼリヤ ( 食べログ
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵

 ぼにしも らーめん  ぼにしも らーめん  ぼにしも らーめん  ぼにしも らーめん
 ぼにしも チャーシューめん  ぼにしも 塩らーめん  ぼにしも らーめん  ぼにしも 岩塩焼き豚
 ぼにしも 皿えびワンタン( 茹で )  ぼにしも 皿えびワンタン( 茹で )  ぼにしも 皿えびワンタン( 茹で )  ぼにしも 皿えびワンタン( 茹で )
知る人ぞ知る練馬の名店です。 練馬駅からしばらく歩くのですが、途中、ラーメン屋さんを沢山見かけます。 本当にいっぱいあります。 練馬って、たぶん ラーメン激戦区 ってやつなんでしょうね。 そんな激戦街を通り抜け、少し寂しくなってきた場所に ポツン とある、普通に歩いてたら見逃してしまいそうな小さなお店です。 私は ぼにしも をヴィオラ奏者の 吉瀬弥恵子 さんの ブログ で知りました。 彼女の大ファンなのです。

最初食べた時は、お店のご主人の想いをどう受け止めればいいんだろう って感じでした。 友人知人、娘まで誘ってみましたが、とくべつ高評価ではありませんでした。 でも、5回を超えて頂いてみると、こんな私でも、なるほどなぁ って想いは生じてきます。 同じ魚介系ではありますが、濃厚な旨みの 道頓堀 とは また ひと味違う 静かで穏やか、深い味わいです。 ベテランの諸先輩方が評価されるのも ごもっともな気がしてきます。

ここ、ラーメンばかりではありません。 私は ぼにしも茹でワンタン も大好きです。調子がよければ2皿頂いてます。 そして、何と言っても ビール!     ぼにしも のビールって、どうしてこう、特別美味しいんでしょうか。 出汁しの取り方が違うの? 熱燗 なら道頓堀、大瓶 なら やまだや、生ビールなら ぼにしも に限ります。 手元にビールの画像が残ってないのが、その美味しさを物語ってます。

イタリア語で『 美味しい 』、普通 オッティモ = ottimo と言うらしいのですが、ボーノ = buono という言葉もあるみたいです。 フランス語の「 食べるを楽しんでね = 召し上がれ = ボナペティ = bon appetit 」と語源が近いかもしれません。 その ボーノ の最上級が ブォニッシモ = buonissimo 、つまり ぼにしも なんだと思います。

   ≫ ぼにしも ( 食べログ
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵

食べログ の調子がおかしいです。 ジョナサン のページだけ? 他にもあるのかもしれませんが、編集画面から消えたかと思うと突然現れたり、まるで幽霊のように振舞うのです。意味が分かりません。 バグかなぁ。 ⇒ 少し分かってきました。更新したつもりでも下書き欄に勝手に移動しちゃうみたいです。 一度、全て削除し、新規に作り直してみたのですが、しばらくして気が付いたら( 10日ほど? )また下書き欄に移っちゃってました。 チョー 面倒くせー。 運営のご担当者様、しっかりお願いしたいです。

というわけで、現在再表示させているのですが、いつ、元に戻っちゃうか分かりません。取り敢えずこちらにもコピーしておきます。

※ おかしいなぁ。 このページも Google になかなか認識してもらえません。 HTML タグは、食べログはローカル・ルールなのでコピペしてないので、文章の中に放送禁止用語とか、そんな感じのが混じってるのかなぁ。 上記で食べログのご担当者様に文句を言ってしまいましたが私がいけないのかもしれません。しばらく様子を見ます。 ⇒ Google 、やっぱフツーに大丈夫みたい。 食べログ だけおかしい? 気がします。


『 おわコン 』 でもいいですか?

2019/02/01 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、01/31 でーす。 )

先日、ガスト のメニューに カレー が復活しておりました。 大変嬉しかったのですが 十三穀米 という事で … カレーって 白ご飯 で頂きたい私です。 で、ジョナサンまで出かけてきたのですが、こちらは雑穀米なんだそうで … 雑穀米 ? 来た意味ね―じゃん! 系列店ですから、素材の共有化は経費削減、コスト・ダウンにつながり、決して悪い事では無いと、そこまでは理解できるのですが、せめて 雑穀白ご飯 、選べるようにして頂けるとありがたいです。

 ジョナサン 成増駅前店 トマトとチキンのヘルシー雑穀カレー 2019/01/31

ジョナサンの カレー 、ガストと比べ差別化されており、けっこう豪華です。 イチジクでしょうか、ドライ・フルーツもトッピングされてます。 で、税込みで ¥755 ⇒ ¥971 、¥200 以上の価格差。 写真を比べてみると確かに見映えはするのですが、どうしてもドライ・フルーツを食べたい! って場合を除いたらガストで充分かなぁ って思いました。 一番重要と思われるルーのコクが、それほど遜色ないような気がします。

てか、どうしても白ご飯のカレーが食べたいなら、やっぱ和光市まで出かけ、ロイヤルホスト のカレーにするしかないかもしれません。 マハラジャチキンカレー は税込みで¥1,166 。この他に交通費も必要ですけれど。

やっぱ、成増から デニーズ が撤退したのは痛たかったなぁ。


 ジョナサン 成増駅前店 なんこつ唐揚げ 2019/01/31

なんこつ唐揚げ 久しぶりに頂きました。 リーズナブルだし、この こりこり した食感が嬉しいです。 ビールに合います。 ジョナサンの お手頃サイド・メニュー や ドリンク・バーはガストより先行しており、充実してた記憶です。

 ジョナサン 成増駅前店 カラマリフリット


ビールとなると カラマリフリット = まぁ、ご覧のとおり、ふつーに イカ・リングゲソから なんですけどね。 こちらも必須です。



なんこつ をつまみまがら、

 ジョナサン 成増駅前店 ビール ( ザ・プレミアムモルツ ) 2019/01/31

何気なく ビール を口にして美味しさにびっくり! よく見たら モルツ ではないですか。なるほど。 で、量は少なめ、価格は高め。美味しかったですけどね。 ジョナサン、久しぶりに来たのですが、総じて以前より高級志向を目指してるような気がしました。 はっきり見える形でガストとの差別化を図りたいのだと思いますが、やっぱデニーズの撤退も影響してるかなぁ。 競合他店がなくなればメニュー設定をその価格帯まで引き上げられ、最終的に収益も伸びますもんね。CP 、コスト・パー・フォーマンス 。耳に嬉しい響きです。 でも、ただ単に安くて美味しい って意味ではないと思ってます。 もちろん安くて美味しければそれに越した事はないですが、品質が価格に見合っているか、価格が品質に見合っているか、ここが問題です。 チョー 高くても チョー 美味しくて、それで自分が満足ならば CP が高いって事になるのでは? それでいいと思うのです。 ジョナサンが高級志向を目指しガストとの差別化を図るのは、それだけ選択肢が増え、私にとって決して悪い事だとは思いません。 大いにやって頂いて結構です。 で、高いなら高いなりに、例えばドライ・フルーツ乗せました みたいな事ではなく、価格に見合った美味しさを追求し、提供して頂きたいです。 ついでにガストの価格設定を もう少し低めに抑えて頂ければ もっと嬉しいかもです。

ジョナサン、以前は頻繁に来てました。 成増の繁華街は南口側にあり、ジョナサンは駅前の立地とは言え北口にあるのです。 入店してすぐに座れない事は稀で、しかも満席ではないので、いつも気持ちよく食事が出来ます。 また、フロアー・スタッフの方たちも皆さん親切で気配りも出来 … とくに、アルバイトと思われる若い男の子たちの質は、伝統的にここは素晴らしいです。 そういう意味でもお勧めのお店であり、穴場的存在です。 今回は顔ぶれがすっかり入れ替わっており、懐かしい方にはお会い出来ませんでしたが、雰囲気は以前のままでした。 どうして来なくなちゃったんだろ。 ガストから 道のりで220m、すぐ近くにあるのですが、我が家とは反対方向なのと、東武東上線の 開かずの踏み切り を越えなければならない ってところに問題があるのかもしれません。

ただ、今回 久しぶりに来てみて ビール も美味しいし 雰囲気も悪くないし、財布の中身に余裕がある時は また通い始めてもいいかも って思いました。 以前のように 白ご飯 の美味しい カレー を頂ける ってのが前提ですけれど。

それと、これ 特筆しておきたいのですが、時々 大当たり! のメニューが登場するのも 『 ジョナサンならでは 』 の お楽しみ です。 例えば 熊本県産赤なすのオーブン焼き とか、( 正式名称を忘れてしまいましたが ) 海老カラ とか、今も記憶に残る絶品でした。 海老カラ画像 など、食べログ の最上段で、今も頑張って、いい仕事をして頂いております。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

2015/04/13 追記しまーす。 ( 実際にお店を訪れたのは、04/11 でーす。 )

「 赤茄子。 初めの頃は気味悪くてなぁ。 コロリになるって、誰も食べなかっただ。 」

ポポラマーマ でご紹介した、私の祖母の言葉です。 ばあちゃんは 1894年 ( 明治27年、皇紀2554年 ) 午年生まれの人で、彼女のおじいさんは まだ ちょんまげ、おばあさんは日本髪だったそうで、ばあちゃん自身も 箱枕 で寝ていたのだとか。 お客にお茶を出した後、家族は お茶ガラを醤油で煮付けて食べていたそうです。 ちなみに、上記 コロリ とは、伝染病の コレラ の事であります。

そんな ばあちゃんが言っていた赤茄子とは トマト の事で 茄子ではありません。 今では健康食品の代表格 トマト ですが、日本に入ってきた頃は そんな言われ方をしていたんですね。 もっとも、私の幼少の頃だって、親戚の農家が丹精込めて作っていたレタスを 当時の日本の市場は誰も食べず、販路拡大に苦労していたようです。 常に生産過剰気味のレタスは 季節になると我が家にも頻繁に届き、子供たちの おやつ になってました。 私たちは 与えられたレタスを丸ごと、先っぽを齧じり取って 窪み を作り、そこに ブルドック ( 濃い口 ) ソースを流し込んで食べていました。 レタスは腹持ちの悪いおやつでしたが、食後の口内に残る胡椒の ヒリヒリ は 新しい感覚で、子供たちは それを楽しんでました。

  なんか、くちん中、ひりひり しね? するよねー!  みたいな。 ^^

トマトと言えば、当時 この赤い実は 野山を徘徊する際の 私たち子供の最高のご馳走で! ^^;  真夏の直射日光をふんだんに浴び、真っ赤に熟れたトマト。 青臭い 下ぶくれの、トマト トマト した トマト。 あの味が忘れられません。

そしたら 以前、娘の同級生の男の子たちが、下校時に 『 トマト合戦 』 をしたとかで、地域で けっこう 話題になった事がありました。 農家の方が 学校にチクったらしいのです。 もちろん 大切に育てている換金作物を 子供の気まぐれな 遊び道具にされては たまったものではありません。 が、昔の大人たちは、子供の家へ怒鳴り込む事はあっても学校にチクる事ような事は しなかったように思います。 学校が公的機関で、例え子供のイタズラが どんなにひどいものであったとしても公的機関の対象外だという暗黙のルールがあったような。 もちろん、見つかれば 本気で追いかけられましたけどね。 私たちも本気で逃げたし。

そもそも 畑に向かう際は … 確信犯ですからね、顔が知られてないくらいの遠くに出掛け、見晴らしの良い場所で しっかり状況を把握し、幼い子は その場に残しておくのは常識でしょ! 大人に見つかれば、残した幼さな児とは反対方向に逃げ、残された小さな者は その反対方向に逃げる。そして、逃げる時の切迫感も、また大いなる醍醐味なのであります。 これ、湾岸戦争で多国籍軍が用いていた手法? ( = あ、いいかげんな事、書いてます ) ですが、我が皇国では50年前の子供ですら、こんな事は普通に行われてました。 ここに想いが至らなかったのが、今回のトマト合戦騒ぎの初歩的で致命的なミスだと思います。 今のクソガキどもは、全く知恵が足りん! テストの点が良くて なんぼのもんじゃ。

てか、当時の子供たちは、トマトが食べるもの、命をつなぐもの、親たちが大切に作っているものである事を ( 誰に言われるでもなく ) 肌で理解してました。 ちょっと失敬して頂く事はあっても、それを石ころや雪玉のように扱うなんて、そんな発想はありませんでした。 発想がないのでトマト合戦も 起こりようがありません。 今回の騒動のホントの致命的欠陥は、今の子供たちに この発想が欠如していた事であり、それは私たち大人の責任、日頃の姿勢だと思います。

親しくして頂いている若いお嬢さんから 『 忘れられた日本人 』 呼ばわりされ いぢめ られてる私ですが … 今の日本は だんだん秩序が薄くなってきているように感じてしまいます。 子供の秩序、大人、老人の秩序もです。 特に大人の おおらかさ。フレキシブルな懐の深さが大人の対応だと思うのですが、そこのところが 少々薄くなってきたような気が。 これは 他人の事ではありません。 私自身、昔の大人の人たちのような風格は感じられず、 んー、チョッピ 情けないかもなぁ。

まくら が長くなってしまいました。

 ジョナサン 成増駅前店 熊本県産赤なすのオーブン焼き

赤なすのオーブン焼き 、大変 美味しかったです。 茄子好きの私に この料理法、文句のつけようがありません。 しいて言えば 価格です。 チョッピ 高過ぎると思います。 熊本県産赤なす 、皮が薄く柔らかいのとジューシーなのが特に印象深かったですが、秀逸だけれど価格が問題だとするなら、お店の近所、板橋区や練馬区、和光市や朝霞市でも茄子を作ってると思います。地産池消で いいのではないでしょうか。 なんなら 私の故郷 信州 でも茄子は採れると思いますし、京都の丸茄子、越後の小茄子を使ってみても面白いかもしれません。 好印象で、ジョナサンに出かけた際の定番にしたいです。 ぜひ ¥250 均一の、サイド・メニューのレギュラーに加えて頂きたい一品です。

 ジョナサン 成増駅前店 スパイシーチキンカレー


スパイシーチキンカレー 、ジョナサンに行けば、どうしても頼みたくなってしまうんだなぁ。 文字どおり スパイシー で美味しいです。 いつだって 期待を裏切りません。


 ジョナサン 成増駅前店 ボトル・ワイン ( 赤 )

問題は この ワイン です。 ただ甘いだけで、褒め言葉が見つかりません。 ボトル裏面の能書きには 「 日本人の味覚に合う高品質な味わいをお届けしています。 」 とあるのですが、メーカーは本当にこの味が高品質だと思っているのでしょうか。 ちょっと小馬鹿にされたような気分です。 例えば日本酒では、以前は女性用とか名のって べたべた甘かったのが 今では流行らなくなり、フルーティーで芳醇な薫り、すっきりした飲み口、そんなのが 主流になっています。 ワイン・メーカーの意識は 10 ~ 20年 遅れていると思います。 レストランも、もう少し きちんとしたワインも 併せて並べ、少なくとも お客に選択が出来るようにしてもらいたいです。 その管理にコストがかかると言うならば、例えばデニーズのように、お店の良心を感じさせるようなものを、ぜひ提供して頂きたいです。

おぅ、忘れるところでしたが、担当して頂いた Y田さん、スマートに、てきぱきとこなす そのお手並みが見事で 素敵でした。 このお店の従業員の方たちは、アルバイトと思われる男の子も含め、いつも なかなか 好印象です。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

甲殻類、大好きです。 海老、蟹、ザリガニ、ヤドカリ、ザザムシ … 美味しいですよねぇ。 ^^

 ジョナサン 成増駅前店 海老カラ

ジョナサン、メインでお世話になってるファミレスなので一気に取り上げようと勇んで行ったのに、『 海老カラ 』 、 メニューから消えてしまってました。


   え゙っ ? なんで?     シ ョ ボ ン …

殻ごと揚げるから 『 海老カラ 』 なのか、唐揚げ だからなのか、その両方なのか。 とくに その頭胸部は、バリバリと豪快に噛めば噛むほど滋味が溢れ、もぅ、たまらないのでありますっ! ねっ!

バルタン星人が地球を征服し 人類を食糧にし始めたら … 三枚におろす? 煮るか 焼くか 炒めるか、 「 頭蓋骨って、滋味があってうめぇなぁ 」 なぁ ~ んて言うんでしょうね。 「 やっぱ人間は ミソ だね! 」 とかね。   ^^;

いつ 『 おわコン 』 になっちゃったのか知らないのですが、つい最近の事だと思います。 ¥250 均一の おつまみメニュー とは別枠、ちょっと高めの ¥390 だったと思うのですが、行けば必ず 注文してました。 今 思えば、テイク・アウトして、フル・ボディーと飲りたかったなぁ。  くどいですが、  え゙っ ? なんで?  美味しかったのにぃ!  残念でなりません。

しょっちゅう お世話になってる お店です。 また 別メニューで取り上げさせて頂きます。

 ガスト 彩り野菜のとろーり温玉ドリア  ガスト ステーキ・サラダ・ご飯  ガスト チーズ in ハンバーグ  ガスト 1日分の野菜のベジ塩タンメン ( 大盛り )
 ガスト オムライスビーフシチューソース  ガスト ごろごろ野菜のポークカレー  ガスト 豚ロースのとんかつ  ガスト 海老とアボカドのバジル醤油
 ガスト カレイの竜田揚げ おろしポン酢  ガスト ソフトシェルシュリンプと海の幸のパエリア  ガスト 焼き牡蠣 ごはん  ガスト 特製本格辛口チゲ( 半玉うどん入り )
 ガスト 赤えびの唐揚げ  ガスト 牛肉とたっぷり野菜の皿うどん  ガスト ミックス・グリル  ガスト ステーキ・サラダ
 ガスト ちょい盛りポテト + テーブルワイン・赤  ガスト 豆腐サラダ  ガスト 納豆ご飯  ガスト 味噌汁  ガスト 日替わりスープ( モーニング )
成増でファミレスって言ったら ガスト でしょう。 てか、ファミレスって言ったら ガスト だと思います。 思いません?

日頃、一番お世話になってるお店です。 なのに、まぁ、外食は多くても月に3~4回程度なのに最近は だいこんやまだや に掛かりっきりで、ちっとも訪問出来てません。 新規、このサイトを立ち上げても、ガスト、ずぅ~っと後回しで … I さんはじめ、皆さん怒ってるだろーなー って、心情的にだんだん行きづらい状況になりつつあり、慌ててこのページに取り掛かったような次第です。

この状況、もう少しかかりそうですが、一応元気にやってます。 次回伺った際は、あまりいじめないで、優しくお願いしますね。 m(_"_)m

「 ガスト って CP 抜群! だけどそれなりの料理、それなりの味 」 っていう一般的認識、私はこれが一番悲しいです。 確かに「 ガストの味だぁー! 」っていう、少々がっかりな場面もありますし、食べログ ではかなりきつい事も書かせて頂いてまいりました。 が、詳細は 食べログ をご参照頂くとして、このページに載せた画像、過去の季節限定メニューで現在注文出来ないものも含め、全て すっごく! 美味しかった思い出の逸品ばかりです。 これ、フロアー・スタッフの皆さんに加え、厨房スタッフの皆さんも優秀なんだなぁ って、成増に住む幸せを感謝しながら頂いてます。 ガスト成増店、食べるを楽しんで頂けば本当に美味しいお店だって分かって頂けます。 心してお召し上がり下さい。

少々褒め過ぎちゃいましたかね。 引き続き 辛口コメント でいかせて頂きたいと思っておりますが、これ、本音です。 また、よろしくお願い致します。

   ≫ ガスト ( 食べログ
   ≫ 画像一覧 ( フォト蔵

↑このページのトップヘ